【スロプー物語 第八話】晴れて専業へ

前回の記事はこちら

【スロプー物語 第七話】朝の入場抽選攻略法

第一話はこちら

【スロプー物語 第一話】はじめてのパチスロ


晴れて専業へ

2007年3月、卒業シーズン

ぼくも5年間通った大学を卒業することができた。

就職活動は少しやってみたが2社ほど受けて飽きてしまった。

やっぱりまだ働く気にはなれなかった。

 

というわけでこれで晴れて世間的に無職にw

大学も単位は取ってたのでほぼ行ってなかったに等しいので生活的にはあまり変わらないんだけどね。

上野だけで立ち回っても良かったんだけど専業になったことだしちょっと範囲を広げてみようかなとこの時は神奈川・千葉とかもけっこう行ってました。

日付イベントが多かったので3の日とか9の日は上野だと立ち回れるお店が少なかったんだよね。けっこういろいろ行ったけど松戸とかが比較的多かった。北千住から快速だと1駅で10分くらいで着いちゃうからね。

 

当時の松戸地域

楽園グランドオープン時期にけっこう通ってました。スロットは200台くらいしかなかったけど万枚が1日で7台とか当時から派手に出てました。

楽園の低貸し館になっているとこはロールスっていうパチ屋だった気がする。そのあと何回か別の店舗が入って今の低貸し館みたいなのに落ち着いた。楽園が目の前にいてあの規模のお店じゃ勝ち目ないでしょw

ユーコーラッキーがあるとこはゴードンが入っててけっこう強かった。楽園がきて潰れちゃったけど。その後BOSS→名前忘れたけどP店が入ってユーコーラッキーになった。グランドオープンはゴードン以外行ったなぁ。あとは今津屋のグランドオープンも稼働がそんなに良くなかったので美味しかった思い出がある。

 

トキワは6枚交換なんだけど貯玉再プレイ無制限で設定状況はよかった。ただ当時は並び順でぼくは“努力せずに勝つこと”をモットーにしてたのであまり行かなかった。パチンコもハネモノなどをけっこう甘く使ってくれていてパチンコはあまり打たなかったけどこのお店で練習がてら打ってました。

 

サントロペはPIA系列なんだけどぼくの中では空気でしたね。全然記憶にないから多分ほとんどいってない。後は逆口にも何店舗かあったけどそっちもほぼ行ってないのでわかりません。

結局上野に戻る

でもめんどくさくて結局近場の上野に戻っちゃった。通うのはやっぱ面倒くさいからね。上野と4の日は水道橋みとや、6の日はアキバでアイランドorアップルみたいな立ち回りでした。

今って狙い台絞ったとしても1000Gくらいでぱっとしなかったら辞める人がけっこういると思うんだけど、ぼくは根拠を持って狙い台を決めていたから最低3000Gは回してた。設定判別で設定を判別するんじゃなくて、設定判別は自分の狙い台があってたかの確認作業って感じでした。それに今ほど並びが激しくなかったからね。今なんて強いイベントで狙い台に座るのはおろか狙い機種に座るのも難しい店舗が多いもん。

狙い台に根拠が持てるのってやっぱりある程度通ってないとわからないんで近場の上野に戻ってきたって感じです。

基本はやっぱりエスパスとインペリアル。ただパサ2000とかオリパサ系列が時々がんばるからリニューアル情報とかは常にチェックしてました。

 

当時の主力機種

4号機から5号機への移り変わりの時代だったのでさよなら4号機みたいなイベントや4号機が打てなくなるからと4号機に走っていた人たちが多かったけど、その分5号機が相当甘く使われていた。今、6号機がわりと甘めに使われているが全然もっと甘かった。

 

最初はダルい機種ばっかりだったけどいろいろ試行錯誤してリプパンはずしタイプのART機が流行りだしてきた。

リプパンはずしとはち技術介入の一種でパンク役が成立した時目押しによってそれを回避するというもの。押し順ではなく目押しだったのでパンクさせちゃう人もいっぱいいました。

そんな状況だったから尚更、5号機の設定状況は甘かった。

なかでも

  • スパイダーマン
  • ガッチャマン
  • リングにかけろ
  • 仮面ライダーDX
  • ダンスマン

なんかはよく打った。

この時は設定示唆画面なんかも多分ほとんどなく設定4でごまかすよりも設定6で5号機の出玉でもこんなに出るというのをアピールしたいというホールが多かったのでかなりつもれました。

ここらへんの機種はハイスペART機と呼ばれ設定6の機械割が115%以上はあったのでつもれば期待値7万円以上とかなりおいしかったです。機種ごとの思い出も語りたいですけど膨大な量になっちゃうので別の機会にお話しさせていただきます。

また

  • スカイラブ
  • ハーレムエース
  • SHAKE
  • リオパラダイス

のようなAタイプも安定感があるのでよく打ってました。今改めて見るとけっこう名機が多いなw

ホークⅢというマイナー機

JPSから発売された5号機。

設置はそんなになかったけど

設定変更後は次回ボーナスまで続くRTに突入

という鬼アツ要素があった。

しかもホールはなんとかホークⅢを流行らせたいのか毎日全リセw

6台くらい設置あったけどバイト雇って6人で朝行ってボーナス引くまで打つだけの簡単な仕事だったwRTは純増0.2枚でBIGだと312枚、REGだと132枚、朝一1GでRT突入。必然的に勝率は100%。

一ヶ月もしないうちに撤去されちゃったけど設置規模を考えてもホークⅢで日本一稼いだのはぼくなんじゃないかと思っているw

 

その後も優秀な5号機が多数登場してきてくれて5号機楽勝じゃんって思ってました。

ホークⅢが出るまで天井付きの機種はなかったので(5.9号機みたいな感じかな)エナ専はこの時は絶望だったんじゃないかな。

今回は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました