そろそろパチンコ屋さんに行きたくてうずうずしてきました・・・。

そろそろ緊急事態宣言から一ヶ月が経過する。

当初は5月6日までという予定だったがどうやら5月31日まで伸びるらしい。

 

我が社も5月7日から営業再開する準備をしているので今かなりドタバタ状態・・・。

ってかぶっちゃけ営業しないとかなりヤバい・・・。

 

うちは給料は今のところ社員、アルバイト共に100%補償しているし家賃だけ1000万以上かかる店舗もいくつもあるのだ。

ダイナムさんが休業補償の拡充を求めているが全国のパチンコ店が同じ気持ちだと思う。

 

ダイナムグループの4社(ダイナム、夢コーポレーション、キャビンプラザ、ヒュウマップ)が4月28日付けで、新型コロナウイルス感染拡大の影響が深刻化するなか、都道府県知事宛てに、国の助成強化の働きかけや経済支援の拡充を求める要望書を送った。

要望の内容は以下の通りだ(※要旨)。

1.国に対する助成強化の働きかけ
政府は「持続化給付金」の支給を予定しているが、資本金10億円以上の大企業を除くなど制限が設けられている。また風俗営業に対し、一時期、雇用調整助成金の対象範囲外の検討がなされるなど、職業によって支給の範囲を制限するような対応が見受けられた。各都道府県におかれては、今後も業種による制限をすることなく、国による支援対象等を拡大することについて、引き続き、働きかけを行ってほしい。

2.経済支援(協力金・助成金等の休業補償)の拡充について
休業補償などの経済支援について、その支給を実現して頂くことに加え、企業規模(中小企業等)にかかわらず、営業の自粛等に対する休業補償が受けられるよう、支給対象範囲を拡充することについて、検討を要望する。

ダイナムは現在、全国46都道府県にパチンコホール計405店舗を展開。全国合計の月間経費(人件費、地代家賃ほか)として平均75.9億円、1店舗あたり平均1,900万円掛かっているという。また年間の納税額は国税、地方税あわせて78.9億円(2019年度)に上る。

同社は「感染症は企業規模に関わらず全てのホール事業者に深刻な損失を与えている。状況が長引けば、ダイナムとしても、事業縮小や従業員の解雇を実施せざるを得ない状況となり、地域経済にも少なからず影響を与えることになる。回避するためには国や地方自治体と企業が一丸となって対策を練る必要があり、まずは企業を存続するための措置として要望させて頂いた」と、今回の経緯を述べている。

引用元:グリーンべると

 

会社的にも営業しないとヤバいしぼく自身も最近打ちに行きたい欲がどんどん強くなってきた。

 

そろそろパチンコ屋さんに行きたくてうずうずしてきました・・・。

引きこもりは全国で100万人もいるらしい。

今まで引きこもったことのなかったぼくは

 

「好きなだけネットしたりゲームしたりできていいなぁ!」

 

なんて思ってた。

 

でも実際一ヶ月くらいほぼ引きこもりの生活をやってみた結果

 

外に出たーい!!

 

ないものねだりなだけかもしれないがいざ外に出れないとなると異様に外に出たくなる。

パチンコ・スロットに関してもぼくはどちらかというと「お金稼げるからいってるだけだし」っていう冷めたスタンスだったのだがどうやらただのツンデレだったみたい。

今はとてもパチスロが恋しい。

 

 

ちょっと前に家スロはすぐ飽きるからよく考えて購入しようみたいなこと書いといてあれだけど・・・家スロ欲しいなw

関連記事
【家スロは大体の人が後悔する・・・】スロットの実機購入について

 

 

引きこもり生活も最初は良かった。

ゲームやったり動画みたりマンガ読んだり・・・

 

引きこもり最高ーーー!!

って思ってた。

でも自粛期間延長するかもってニュースが流れたあたりから引きこもり生活に飽きはじめてしまった。

 

今では買いものにスーパーに行くのが唯一の気晴らしみたいになってしまっている。

スーパーは連日混雑しているので多分同じような気持ちの人がけっこういるんだと思う。

 

車に乗って他の県まで遠征するパチンカーたちがニュースで話題になってその時はなにをやっているんだって思ってたけど今はちょっと気持ちがわかる・・・。

千葉・松戸市長訪問による「休業要請」かなわず パチンコ店、開店時に300人

千葉県松戸市の本郷谷健次市長は3日午前午前10時の開店時間にあわせ、営業を続けている同市内のパチンコ店を訪れ、休業を強く求める要望書を渡した。店側は「要望は本部に伝える、店では対応できない」と回答を避け、営業を続けた。同店に対してこの日、県は改正新型インフルエンザ等対策特措法45条3項に基づく休業指示を出した。

要請を終えた本郷谷市長は「店内を見たが、客が隣り合って座り、混み合っていた。感染への不安を多くの地域住民が感じている。(休業は)社会の要請と考え、施設の使用停止を求めたが回答はなかった」と説明した。

同店では、約300人が午前10時の開店を待った。市の調べでは開店時、駐車場には116台あり、県内ナンバーが68台でうち地元の「野田」ナンバーが28台。「春日部」「練馬」など県外ナンバー車が48台だった。

店を訪れていた松戸市内の60代の男性は「みんな開いている店を探している。この店にこんなに客が集まったのを見たのは初めて」と驚いた様子だった。混雑が激しく、帰ることにしたという船橋市の40代の男性は「パチンコをやめられない人が多いのが、よく分かった」と話した。

引用元:https://www.sankei.com/life/news/200503/lif2005030055-n1.html

 

一部だけ緊急宣言を解除する予定もあるらしいけど、そんなことしたらそこに人が集まるのは明白だし。

 

まぁぼくの場合は会社から自宅待機って指示がでて給料も出ているからもしパチンコに行っているなんてことになったら問題になっちゃうけど・・・wなのでまずはうちの会社が営業開始できないことには打ちにもいけない。

 

早くコロナが収束してパチンコ打ちに行ける日々が戻ってきますよーに!

 
今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました